社会連携・国際交流

ホーム > 社会連携・国際交流 > 平成22年度学長裁量経費(教育研究プロジェクト)講演会(12月11日開催)

平成22年度学長裁量経費(教育研究プロジェクト)講演会(12月11日開催)

講師:田口 守一(早稲田大学大学院法務研究科教授)
演題:裁判員裁判の個性と普遍性
日時:2010年12月11日(土)15:00~17:00
場所:文法経26番講義室

 12月11日,田口守一・早稲田大学教授をお招きして,平成22年度学長裁量経費(教育研究プロジェクト)と法学会の共催で, 講演会を開催しました。当日は,週末且つあいにくの空模様にもかかわらず,300人以上の学生が集まり大盛況でした。
 テーマは『裁判員裁判の個性と普遍性』で,刑事訴訟法研究の第一人者として,また裁判員制度の導入が検討されるよりも前から,日本における国民の司法参加の在り方を考究されてきた研究者として,多様な視点から同制度の意義及び今後の展望について,お話し頂きました。