Welcome to the Sera Lab.


21世紀に入り、複雑な生命システムの一端が分子レベルで理解されるようになってきました。今後、化学を用いて生命を理解・制御する化学生物学が重要になってきます。

そこで、私たちは、化学と生物学の境界領域における新しいバイオテクノロジーの創出を目指して研究を行っています。

具体的には、DNA結合タンパク質や酵素を始めとした、生体機能分子の機能を化学的に分子レベルで解明し、得られた知見に基づいて新たに設計した人工生体機能分子を用いて、医療・農業への応用 -例えば、ガンなどの病気を治したり、農作物がウイルス病に罹ったりするのを防ぐことにより食糧問題を解決する- を目指した異分野融合研究を行っています。



ニュース&インフォメーション

2016年 10月28日 「ウイルスを切断するタンパク質を開発」本研究室の研究成果がKSB瀬戸内海放送で紹介されました
2016年 10月28日 本研究室の研究成果が NHK岡山 もぎたて! で紹介されました
2016年 10月28日 ウイルスの遺伝情報を切断し、増殖を防ぐ革新的技術の開発に成功しました
“人工のハサミ”でインフルエンザウイルスを5分で切断
2016年 9月28日 ウイルスの遺伝情報を切断し、増殖を防ぐ革新的技術に関する論文がBiochemical and Biophysical Research Communications (BBRC)誌に掲載されました
2016年 4月3日 半田山植物園でお花見をしました。
2016年 4月1日 新4年生10名が配属されました。
2016年 3月25日 革新的ウイルス対策技術分野叡智共有化プラットフォーム開催のセミナー「園芸学とウイルス学の異分野融合研究会」で世良教授が講演しました
2016年 3月25日 学位記授与式が執り行われました。
2016年 3月20日 革新的ウイルス対策技術分野叡智共有化プラットフォーム開催のセミナー「植物防疫の最前線 異分野融合共同研究によるウイルス対策」にて、世良教授が講演しました。
2016年 3月1日 M1の6名が修士論文の中間発表をしました-北川優輔さん優秀賞-
2016年 2月25日 世良教授の研究が岡山大学国際情報サイト e-bulletin Vol.14 Research Highlightsで紹介されました
2016年 2月25日 世良教授の研究が岡山大学国際情報サイト e-bulletin Vol.14 Featureで紹介されました
2016年 2月19日 M2の8名が修論の発表をしました。
2016年 2月17日 世良教授が平成27年度青年種苗人懇談会(JYSCO)社員研修大会in名古屋で講演しました。
2016年 1月 5日 研究室始動
2016年 1月 1日 原知明さん(特任助教)が研究室に加わりました。
2015年 12月 17-19日 2015環太平洋国際化学会議(於:ハワイ)に世良教授、森友明特任助教、尾藤和浩さん(M2)、仲尾太秀さん(M1)、甲斐翼さん(M1)が参加しました。
2015年 12月 1-4日

北川優輔さんがBMB 2015(第38回日本分子生物学会年会、第88回日本生化学会大会 合同大会)で、若手優秀発表賞(30歳以下を対象)を受賞しました。


ニュース一覧へ