ニュース

ホーム > ニュース > 中国・東北大学趙 継学長が来学

中国・東北大学趙 継学長が来学

 中国・東北大学の趙 継(ZHAO Ji)学長らが6月5日、本学を訪れ、槇野博史学長を表敬訪問しました。
 訪問では、槇野学長、菅誠治理事(財務・施設担当)らと、両大学との連携・協力について意見交換。槇野学長は「既存のO-NECUS※をベースに、今後の両大学の交流を発展させていきたい」と話しました。
 一行は工学部も訪れ、冨田栄二工学部長と阿部匡伸副学部長らと意見交換。趙学長は、「東北大学への学生の受け入れについて、積極的に支援したい」と、交流への意欲を示しました。
 このほか、大学院自然科学研究科の見浪護教授の適応学習システム制御学研究室を見学し、当分野の最前線に立つ研究に熱心に質問していました。
 東北大学は、1923年に開設された理工系を強みとする国立総合大学であり、中国の国家重点大学に指定されています。本学とは、2015年に大学間交流協定を締結。O-NECUSやさくらサイエンスプランを通じて活発に学生交流を行っており、今後もさらなる交流が期待されます。

※O-NECUS(オネックス)は、Okayama University-North East China Universities platform, Graduate Student Exchange Program の略称で、岡山大学と中国東北部の7大学が、優れた人材の育成を共同で行う大学院留学生交流プログラムです。

【本件問い合わせ先】
グローバル・パートナーズ国際企画課
TEL:086-251-7038

(17.06.07)



学長室での表敬訪問


記念撮影をする槇野学長と趙学長(左から5番目、6番目)ら


工学部長室での意見交換会


見浪教授の研究室見学