ニュース

ホーム > ニュース > 日中協定校の国際交流とサマースクールを実施

日中協定校の国際交流とサマースクールを実施

 本学工学部の冨田栄二工学部長と学生らは8月27~30日、中国・杭州市の浙江工業大学と浙江大学を訪問し、共同研究に関する打ち合わせとサマースクールを実施しました。
 本訪問は冨田工学部長のほか、中村有里技術専門職員、大学院自然科学研究科の機械システム工学専攻・博士前期課程学生5人と工学部・機械システム系学科の学部生1人の計8人が参加しました。浙江工業大学では、両大の学生19人が参加するサマースクールを実施。講義のほか、Xiao Fan(シャオ ファン)准教授やYan Mi(ヤン ミー)准教授、Zhou Dong(ジャオ ドン)助教らの研究室を訪問しました。また、材料創成のための3D技術で有名なShining 3D companyの会社見学なども行いました。
 浙江大学ではWang XiaoXiang(ワン シャオシャン)教授やWu Jinming(ウー ジンミン)教授と新規医用材料に関する意見を交換。Zhu Shaopeng(ジュー シャオペン)准教授とエンジンの燃焼に関するセミナーも行いました。
 浙江大学と浙江工業大学はそれぞれ、本学と国際交流協定を締結しており、今後も国際的な人的交流や地域との連携強化を推進していきます。

【本件問い合わせ先】
工学部長 冨田栄二
TEL:086-251-8049

(17.09.07)


浙江工業大学での記念撮影


浙江工業大学での研究室見学の様子


Shining 3D company会社見学の様子


浙江大学での記念撮影