ニュース

ホーム > ニュース > 若手研究者育成・異分野交流を目指す「Brainstorming 2017」を開催

若手研究者育成・異分野交流を目指す「Brainstorming 2017」を開催

 本学の医療系等研究開発戦略委員会は9月9~10日、牛窓研修センターカリヨンハウス(岡山県瀬戸内市)で若手研究者育成と異分野交流を目的とした「Brainstorming 2017」を開催しました。
 今年度は、本学の学生や教職員、瀬戸内市職員など約50人が参加。自治医科大の永井良三学長や日本大学の落合邦康特任教授、瀬戸内市の竹久顕也市長を招いた講演会のほか、ポスター発表などを行いました。
 ポスター発表では、優秀ポスター賞の選考も行われ、大学院自然科学研究科の森下誠さん(博士前期課程1年)が受賞しました。森下さんは「慢性ストレスは男性性機能障害と痒覚過敏を誘発する」というタイトルで、ラットモデルを用いて、慢性ストレスによる男性性機能障害やアトピー性皮膚炎の併発メカニズムについて発表しました。
 Brainstormingは若手研究者との交流により、新たな研究シーズと研究チームを立ち上げる機会を設けようと、2011年から毎年開催しており、今回で7回目です。

【本件問い合わせ先】
医療系等研究開発戦略委員会
TEL:086-235-7982、6675

(17.10.04)


優秀賞を受賞した森下さん


表彰状