国立大学法人 岡山大学

LANGUAGE
ENGLISH
MENU

サンゴの骨格成長に寄与する共生藻の役割を解明〜広大なサンゴ礁が形成されるメカニズムの解明へ~

2018年06月07日

 岡山大学の井上麻夕里准教授、琉球大学の中村崇准教授、酒井一彦教授、東京大学の川幡穂高教授、横山祐典教授、ブルネイ大学の田中泰章助教、産業技術総合研究所地質情報研究部門の鈴木淳研究グループ長、ドイツ・ミュンスター大学のニコラス・グッソーネ博士の研究グループは、幼生が定着、変態した直後の稚サンゴを用いて、共生藻を持つサンゴと持たないサンゴを作成し、海水温などを変化させた水槽で飼育することに成功しました。本研究成果は6月6日、アメリカ地球化学会の学術誌「 Geochimica et Cosmochimica Acta 」に掲載されました。
 共生サンゴは非共生サンゴに比べ、炭酸カルシウムからなる骨格の成長量が大きいことが分かっていますが、今回井上准教授らのグループは、実験期間中に成長したサンゴ骨格の化学分析を行うことで、この違いがサンゴ体内のpH上昇に起因していることを発見しました。共生藻がサンゴ礁の成長に重要であることは昔から報告されていましたが、具体的な役割についてはよく分かっていませんでした。今回の成果はこの謎の解明に大きく寄与し、サンゴが共生藻のほとんどを失ってしまう「サンゴの白化」が、いかにサンゴ礁の成長を阻害するものであるかが示されました。
◆発表のポイント
・生まれたての稚サンゴを使って、共生藻を持つサンゴと持たないサンゴの飼育実験に成功。
・サンゴ礁を形成するサンゴ(造礁サンゴ)は体内の共生藻が光合成をすることで、サンゴ体内のpH環境が変わり、骨格成長が促進されることが判明しました。
・生物多様性の高いサンゴ礁が形成され、成長するには、サンゴと共生藻の健全な共生関係が重要であることが示唆されました。

図1. 共生/非共生サンゴの温度制御飼育実験の結果。27-29˚Cの通常の温度であれば共生サンゴ(写真 左)の方が骨格成長量が高く、温度が31˚C以上の高温になると、白化(写真右)により骨格成長が低下した。どの温度区でも共生/非共生サンゴの間にpHの代替指標であるU/Ca比に有意差が見られた。

<詳しい研究内容について>
サンゴの骨格成長に寄与する共生藻の役割を解明〜広大なサンゴ礁が形成されるメカニズムの解明へ~


<本件お問い合わせ>
岡山大学大学院自然科学研究科(理)
准教授 井上麻夕里
(電話番号)086-251-7892

ACADEMIC YEAR