国立大学法人 岡山大学

LANGUAGE
ENGLISHCHINESE
MENU

片頭痛治療を目指した卵円孔開存のカテーテル閉鎖術:国内初の医師主導治験を開始

2019年07月25日

◆発表のポイント

  • 前兆のある片頭痛と、卵円孔(心臓の左右の心房間の隙間)開存の関連性が指摘されてきましたが、片頭痛の治療として卵円孔閉鎖術の有効性は科学的に証明されていません。
  • 岡山大学病院では、薬を用いても十分な改善の得られない前兆のある片頭痛の患者さんに対し、新しい卵円孔閉鎖栓を用いた国内初の医師主導治験を8月から開始します。

 片頭痛とは、ズキズキとした拍動性の痛みが特徴の強い頭痛です。わが国では片頭痛のために年間約3000億円の経済的損失が発生していると言われ、社会的に大きな影響を与えています。これまでの研究で、前兆のある片頭痛の方は約50%に卵円孔があると言われており、卵円孔開存のある方は通常の方と比べると3.2倍の確率で前兆のある片頭痛があることが報告されています。このため前兆のある片頭痛と卵円孔開存の関連性があるのではないかと考えられていますが、卵円孔を閉じて前兆のある片頭痛が改善するかどうか、科学的に証明されていません。
 もしも卵円孔を通過する物質が何らかの片頭痛の引き金の物質を放出し、最終的に片頭痛が起こるのであれば、卵円孔を閉鎖することでこの物質が脳に到達することを防ぎ、頭痛の引き金となる神経伝達物質の放出を抑制し、最終的に片頭痛の頻度が低下するのではないかと推測しています。
 そこで岡山大学病院では、薬を用いても十分な改善の得られない前兆のある片頭痛の患者さんに対し、新しい卵円孔閉鎖栓を用いた国内初の医師主導治験を8月より開始します。

◆研究者からのひとこと

岡山大学では2015年から、自由診療として片頭痛の治療を目的とした卵円孔のカテーテル閉鎖術を行ってきました。この成果をもとに、治療の対象を前兆のある片頭痛の方に絞って、治験を実施することになりました。患者さんにとっても医療スタッフにとっても厳しい治験になりますが、片頭痛に悩む患者さんにとって有効な新しい治療法をお届けしたいと思っています。
赤木准教授


<詳しい研究内容について>
片頭痛治療を目指した卵円孔開存のカテーテル閉鎖術:国内初の医師主導治験を開始

治験にご興味がある患者さんへ
動画の視聴が出来ない方へ:治験の概要
よくあるご質問
【PFO治験専用】FAX診療予約申込書

<お問い合わせ>
岡山大学病院 循環器内科
准教授 赤木禎治 (あかぎ ていじ)
(電話番号)086-235-7351
(FAX)086-235-7353

年度