国立大学法人 岡山大学

LANGUAGE
ENGLISHCHINESE
MENU

幼少期のテレビ視聴は学童期の視力低下につながる

2021年04月22日

◆発表のポイント

  • 厚生労働省が行う一般統計調査として「21世紀出世児縦断調査」があります。これは、全国で2001年1月10日~17日および7月10日~17日に出生した子供47,015人を対象として毎年調査票を送って回答してもらう調査です。
  • 岡山大学では疫学・衛生学分野の頼藤貴志教授が中心となって、この「21世紀出世児縦断調査」のデータを活用してさまざまな解析研究を行っています。
  • 今回の研究では、1.5歳、2.5歳の時にテレビを長時間見ていると、その後、小学生になったときに視力が低下することと関連することがわかりました。

 岡山大学学術研究院ヘルスシステム統合科学学域(医)生体機能再生再建医学分野の松尾俊彦教授は、岡山大学学術研究院医歯薬学域(医)疫学・衛生学分野の頼藤貴志教授と共同で、21世紀出世児縦断調査のデータを使って、幼少時のテレビ視聴とその後の小学生時(小学校1年~6年)の視力低下との関連を調べました。1.5歳と2.5歳の時に「主な遊びがテレビを見ること」である子供は、その後小学生になった時に「視力が悪くなった」という親の悩みと関連があることが分かりました。また、2.5歳の時のテレビを見る時間が長い場合にも、小学生時に視力が悪くなることと関連がありました。なお、3.5歳、4.5歳、5.5歳ではテレビを見る時間が長くても、小学生時に視力が悪くなることと関連はみられませんでした。
 本研究成果は令和3年3月16日、日本眼科学会の国際機関誌「Japanese Journal of Ophthalmology」に掲載されました。視覚が発達する3歳までは、テレビ視聴が長くならないように特に注意することが大切と思います。

◆研究者からのひとこと

 岡山大学病院眼科ではぶどう膜炎(眼炎症)・眼腫瘍や小児眼科の専門外来を長年担当しています。保健所と連携して3歳児健康審査での視力検査や屈折検査についても調査してきました。幼少期のテレビ視聴がどのような影響をその後の視力に及ぼすかの研究はこれまでなかったのですが、疫学が専門の頼藤教授と共同で3歳までのテレビ視聴は小学生時の視力低下(おそらくは近視による)と関連があることを初めて明らかにできました。3歳まではお子様がテレビなどを長時間見ないように気を配ってくださいますことをお願い致します。
松尾教授/td>

■論文情報
論文名:Television watching in the early years of life and the association with parents’ concerns about decreased visual acuity in their elementary school aged child: results of a nationwide population based longitudinal survey of Japan.
掲 載 紙:Japanese Journal of Ophthalmology
著  者:Toshihiko Matsuo, Takashi Yorifuji
D O I:https://doi.org/10.1007/s10384-021-00831-x
U R L:https://link.springer.com/content/pdf/10.1007/s10384-021-00831-x


<詳しい研究内容について>
幼少期のテレビ視聴は学童期の視力低下につながる


<お問い合わせ>
岡山大学 学術研究院 ヘルスシステム統合科学学域(医)
(岡山大学病院眼科)
教授 松尾 俊彦
(電話番号)086-235-7297(眼科医局)

年度