国立大学法人 岡山大学

LANGUAGE
ENGLISH
MENU

被災地応援企画「岡大キャンパスリレーツアー」を開催

2018年08月22日

 本学災害ボランティア支援センター(OVC)は8月20日、本学教育学部、日本財団学生ボランティアセンターと協働で平成30年7月豪雨により被災した中高生を招待し、本学の魅力を紹介する「岡大キャンパスリレーツアー」を開催しました。
 農学部の研究室訪問では、果樹園芸学の福田文夫准教授が登壇。研究テーマである、モモやブドウの果実発育のプロセスや栽培における問題点について、クイズを交えながら解説しました。講義の後は、高性能冷蔵コンテナ(0℃貯蔵)で収穫後10日間貯蔵したモモやブドウを試食。採れたてのようなジューシーさや甘みのある果物を食べながら、長期保存がかなうことで、生産者にとってどのようなメリットがあるのかを考えました。福田准教授は「これからもおいしい果物を生産者と一緒に作りたい。農学に限らず、地域を支える仕事に少しでも興味を持ってもらえたらうれしい」と話しました。
 教育学部の学生とOVCの学生スタッフらによる交流会を附属図書館にて開催。教育学部の尾島卓准教授が「大学生活の一端に触れ、楽しい時間を過ごしてください」とあいさつしました。中高生は、大学での研究や部活動について積極的に質問していました。
 「SDGsサイエンスカフェ~海の未来を科学の目から考える~」にも参加し、海洋酸性化、海のごみ問題、赤潮の発生メカニズムなどを通して、持続可能な環境について考えを深めました。
 中高生からは「普段話をすることができない大学生の先輩たちと話ができてうれしかった」「農学部の圃場
ほじょう
の広さに驚いた。参加して良かった」といった感想が挙がりました。

【本件問い合わせ先】
岡山大学災害ボランティア支援センター(OVC)
E-mail: volunteer@adm.okayama-u.ac.jp

ACADEMIC YEAR