ニュース

ホーム > ニュース > 【プレスリリース】植物の病原菌侵入を防ぐ“鍵”分子の機構解明

【プレスリリース】植物の病原菌侵入を防ぐ“鍵”分子の機構解明

  岡山大学大学院環境生命科学研究科の村田芳行教授(生物情報化学研究室)と資源植物科学研究所の森泉助教(環境応答機構研究グループ)の研究グループは、病原菌表面由来物質であるエリシターがカルシウム依存性タンパク質キナーゼであるCPK6を介して植物の葉にある気孔の閉口運動を誘導する分子機構を解明しました。(岡山大学HP掲載文より抜粋)

詳細はリンク先をご覧ください。

http://www.okayama-u.ac.jp/tp/release/release_id89.html