ニュース

ホーム > ニュース > 【プレスリリース】生殖補助医療技術教育研究センターを開設

【プレスリリース】生殖補助医療技術教育研究センターを開設

 岡山大学は、不妊治療に携わる生殖補助医療技術者(胚培養士)のキャリア養成、リカレント教育を実施する国際的教育研究拠点として、生殖補助医療技術教育研究(ART)センターを開設しました。医学部と農学部が不妊治療に必要な技術者を養成する「生殖補助医療技術キャリア養成特別コース」教育を今年度4月から開始したものを更に充実させます。本センター設置によって、胚培養士の国家資格化に耐えうる高度で綿密な教育体系の構築と、すでに社会で活躍している胚培養士へのリカレント教育の充実を図ります。(岡山大学HP掲載文より抜粋)

詳細は 【こちら】 をご覧ください。