当研究室について

細胞内シグナル伝達機構(Signal Transduction)、すなわち細胞外からの刺激を感知し、細胞機能調節を 行う細胞内分子のカスケード反応は生命現象の根幹をなすものです。これらのシグナル伝達分子は細胞の 分裂・増殖、分泌、運動、遺伝子発現、細胞死など、生体の維持に深く関わると共に、それらの機能異常 が、神経難病、循環器病、糖尿病、アレルギー疾患、発ガンなど重大疾患に深く関与することが明らかと なってきています。私たちの研究室では、細胞内カルシウムイオンをセカンドメッセンジャーとする情報 変換機構に焦点を当て、その生理機能を分子レベルで明らかにすることを目的として研究を進めています。 特にタンパク質リン酸化・脱リン酸化反応を介した翻訳後修飾は細胞内シグナル伝達における中心的な役 割を担っており、この生化学的反応を触媒するタンパク質リン酸化酵素 (Protein Kinase) の分子レベルで の構造・機能解析とそれに基づいた創薬開発を行っています。さらには、免疫系における抗体産生機構に 着目し、独自の解析系の構築や新規技術の開発を通して、抗体産生機構や抗体作製技術についての新機軸 を打ち出しており、疾患の原因究明や医薬品開発への展開が期待されています。

Information


✉: 研究室についてのお問い合わせはこちらから : hirata-yアットcc.okayama-u.ac.jp
   迷惑メール防止のため、お手数ですがアットを@に打ちなおして下さい

Copyright(C)2016 細胞機能設計学 All rights reserved.