国際交流

ホーム > 国際交流 > プロフィール

皆様へ

 皆様は日本国・岡山大学をご存じでしょうか?
 岡山大学では,国際社会に貢献できる人材を育成するため,研究交流はもとより,学生交流においても積極的に留学生を受け入れるとともに本学学生の派遣を行っております。
 また,諸外国への留学・学術情報の交換等を推進するために多くの大学・機関と交流協定を締結するなど大学の国際化と国際交流に取り組んでおります。

 岡山大学を知っていただくことは,今後の皆様方の未来を切り開くためにも有意義なことと考え,国際交流という視点から,本学の主な国際交流活動等について紹介させていただきます。

 岡山大学がある岡山市は人口約70万の都市です。古くから交通の要地として栄えた町で,いまでも西日本の交通網の拠点となっています。風光明媚な瀬戸内海に面し,吊り橋としては世界有数規模の瀬戸大橋があります。岡山大学は,その岡山市の中心に位置しながらも206ヘクタールの広大なキャンパスを有しています。
 
 岡山大学は,11学部,7研究科を擁する総合大学で,文系・理系の各分野で学部生と大学院生合わせて約14000人が学んでいます。岡山大学の教育研究は,日本国内でも定評があり,国立大学長による相互評価では,教育第1位,研究水準第11位(2007年)でした。

 岡山大学には,世界各国から約650人が留学しています。また,約170の大学・研究機関と国際交流協定を締結しています。海外の拠点としては,ベトナムに岡山大学ベトナム事務所(フエ),中国に岡山大学中国事務所(長春・瀋陽),インドに岡山大学インド感染症共同研究センターを設置するなど,アジアを中心とした様々な国際交流を行っています。岡山大学は,これらの国際交流を通じ,広く世界に向け学術情報を発信を行っています。
 岡山大学は,教育研究の両面で広く門戸を開放しております。
 岡山大学はあなたの新たな未来を切り開くべく,様々な教育・研究プログラムを用意しております。