国際交流

ホーム > 国際交流 > 海外拠点

岡山大学海外拠点

岡山大学ベトナム事務所

名  称:岡山大学ベトナム事務所 [Okayama University Office in Hue, Vietnam]
設置場所:ベトナム国フエ市 国立フエ大学構内
業務開始:2007年4月,ベトナム人スタッフ1名常駐

1.国立大学で初のベトナム事務所

・特定のプロジェクトに特化しない、ベトナムの海外事務所としては国立大学初の設置

2.背景

・日本貿易振興機構(JETRO)による日本企業のベトナム進出支援
・ベトナム国民の日本の大学、企業への就学・就職意識の高まり

3.ミッション

・優秀な研究者の養成
・高度な職業能力を持つ人材の育成
・優れた人材を他に先んじて獲得し教育
・岡山大学の広報拠点
・国際的に活躍できる人材(若手教職員)の養成

岡山大学ベトナム事務所開所式の様子

岡山大学中国事務所

名  称:岡山大学中国長春事務所   [Okayama University Office in Changchun, China]
設置場所:中国 東北師範大学構内
業務開始:2007年8月

名  称:岡山大学中国瀋陽事務所   [Okayama University Office in Shenyang, China]
設置場所:中国 中国医科大学構内
業務開始:2007年8月

名  称:岡山大学中国上海事務所   [Okayama University Office in Shanghai, China]
設置場所:中国 中国上海理工大学構内
業務開始:2015年10月

1.中国事務所の主な活動

・岡山大学・中国東北部大学院留学生交流プログラム(0-NECUSプログラム)を中心とした活動のため,長春・瀋陽・上海に海外事務所を設置

2.背景

・中国経済の発展による人材育成の高まり
・日本企業の中国進出支援
・中国国民の日本の大学、企業への就学・就職意識の高まり

3.ミッション

・優秀な外国人留学生の養成
・優れた人材を他に先んじて獲得し教育
・岡山大学の広報拠点
・国際的に活躍できる人材(若手教職員)の養成

岡山大学中国事務所の看板

岡山大学インド感染症共同研究センター

センターの設置場所:インドコルカタ市、国立コレラおよび腸管感染研究所内
開  設:2007年9月
詳しくはこちら:http://wwwcid.ccsv.okayama-u.ac.jp/index.html

インド感染症共同研究センターの地図など  NICED(国立コレラおよび腸管感染症研究所)の1階ロビーや研究室に掲げられたセンターの表札
活動内容
岡山大学から派遣した3人の研究者と1人の事務職員が常駐し、下痢症の研究やインド人研究者との共同研究を展開している

開所式(平成19年12月19日、文部科学大臣政務官の挨拶)

主たる研究テーマ
  1. 下痢原因微生物の検出技術の改良:
    下痢原因微生物の分離技術を改良する。(隣接する西ベンガル州感染症病院を受診した下痢患者から、新規下痢原因微生物を検出する)
  2. 下痢原因微生物の病原性状の解析:
    下痢原因微生物の病原因子を分子生物学的に解析する

インド感染症共同研究センター外観