共同実験室設置機器・設備の利用について(要領)



 
 

●原則として、受付時間は月〜金(祝祭日を除く) 8:30〜17:00までとする。

●事前予約を原則とし、予約の変更・キャンセル時は、連絡が必要。

●時間外に使用する場合は8:30〜17:00までに下記で、カード又は、鍵を借りて使用する。

  融合棟(5階) 共同実験室 事務室・受付(カード)
  基礎医学棟(1階) 電子顕微鏡受付(鍵)・フォトセンター受付(鍵)

●使用後は、確実に施錠して速やかに返却する。


1.機器・設備の利用希望者は、事前に共同実験室利用申込書を提出し、専任職員の承諾を受けてから機器等を使用する。

2.各機器・設備を利用する場合には、利用要領を守り、専任職員の指示に従うものとする。 

3.原則として、使用説明(講習)後の各機器の運転及び操作は利用者が行う。

4.利用者は実験室の清潔・整頓に留意する。また使用後は必ず備え付けの使用ノートに必要事項を記入し実験を終えたあと、速やかに専任職員に連絡する。

5.病原性・その他危険の虞れのあるもの及び化学物質を使用する場合は、事前に関係者の了解を得るとともに実験中及び実験終了後の消毒・その他万全の措置を講ずるものとする。

6.利用者の所属する教室は、利用に応じた使用料及び消耗品費を負担する。使用料については、別に定める。また破損・損傷・盗難発生時には、実費請求する。

7.この要領に違反した場合、他人に迷惑を及ぼした場合には一定期間の利用を停止する。

8.共同実験室の機器を利用した研究者は、各々の成果を発表される場合、方法の項に使用機器名、共同実験室(Central Research Laboratory, Okayama University Medical School)を明記することとする。また、発表論文二部を提出すること。目に見える実績の集積が機器の更新、最先端機器の申請購入、共同実験室の将来の発展性にも大きく関わり合ってくると思うので、ご協力よろしくお願いします。


 
 

共同実験室 利用の手引き PDFファイル(学内限定)

共同実験室利用申込書

         ☆★HOMEへ★☆