岡山大学病院 IVRセンター

がん・総合部門

担当診療科
放射線科
ホームページ http://www.ok-radiology.jp/

腎がんの凍結療法

超高圧のアルゴンガスで体内にマイナス40℃のアイスボール(氷)をつくり、がんを凍結する治療法です。

針の先端に氷(アイスボール)ができます(左図)。右図は治療中のCTで、腎がんがアイスボール(黒い部分)により囲まれており、治療が成功している様子です。

肺がんのラジオ波治療

当院では平成13年から行っております。

PET 検査で肺がんがみられます(左図)。肺がんに傘のように開く針で腫瘍を焼いています(中央図)。治療後はPET 検査でがんが死滅しているのが分かります(右図)。

血管奇形の凍結療法

症状をきたす血管の異常に対して、世界に先駆けて凍結治療を行っています。



アイスボールで病変を治療しています(左上図)。治療により病変は治療前(右上図)と比べて不明瞭となっています(下図)。

産後大量出血に対する動脈塞栓術

出産後の大量出血に対しても動脈塞栓術を迅速に実施して止血します。

子宮に拡張した血管と出血があります(左)。塞栓後には子宮への血流は消失しています(右)。


今後導入予定の治療法

非可逆電気穿孔法

がん細胞に高電圧を与え、がんを死滅させる最新の治療法です。日本で実施している施設はほとんどありませんが、当院では従来の治療法では治療の難しい肝がんや膵臓がんなどに施行していく予定です。

MRI ガイド下治療

最新鋭の高性能オープン型MRIを用いてがんの治療や治療後の効果判定を行う予定です。


医療ロボットの研究開発

がんの治療や検査が可能な針刺入用の医療ロボットを世界に先駆けて開発しています。遠隔操作可能で、手ブレのない正確な針の刺入を術者の被ばくゼロで行うことを目指しています。


その他に行っている治療

  • 様々ながんに対するラジオ波治療および動脈塞栓術
  • 類骨骨腫に対するラジオ波治療
  • 外傷救急患者、術後患者のカテーテル止血術
  • 移植後患者の血管、胆管の拡張術
  • 画像ガイド下の腫瘍の生検術
  • 内臓動脈瘤のコイル塞栓術
  • 中心静脈内へのカテーテル、ポート留置術
  • 胃静脈瘤の硬化療法
  • 門脈圧亢進症に対する門脈肝静脈短絡術
  • その他