在学生の方

ホーム > 在学生の方 > 法学部・法学会講演会のページ > バックナンバー > 外交講座(2016年7月8日開催)

外交講座

講 師: 小鷲 秋乃 氏 (外務省 国際法課・国際裁判対策室)
テーマ: 「国際社会における法の支配と紛争の平和的解決」
日 時: 2016年7月8日(金)11:00~12:30
場 所: 文法経講義棟 20番教室

画像1

画像2 画像3 画像4

2016年7月8日(月)に外交講座を開催しました。この講演会は、外務省国内広報課の事業の一環で、法学部の国際法関係教員が希望のテーマを申請し実現したものです。法学部では、すでに10回以上の開催を数えます。当日、会場には約250名の学生が集まり大盛況となりました。

 今回は、外務省国際法課・国際裁判対策室の小鷲秋乃氏をお迎えして、「国際社会における法の支配と紛争の平和的解決」と題する講演をしていただきました。ご講演では、国際社会において「法の支配」が果たす役割について、個人の権利保護と国家間の紛争解決という、2つの異なる分野を取り上げてお話しいただきました。小鷲氏は、外務省入省前には国連難民高等弁務官事務所で勤務されたご経験もあり、南スーダンのフィールドで庇護対象者の聞き取りや現地政府との折衝に関わった際の体験や、外務省の国際法課・国際裁判対策室で現在携わっておられる業務の中から、日本が当事者となった捕鯨裁判の教訓を踏まえた外交政策の策定について、豊富な資料に基づいてご説明いただきました。具体例を織り交ぜた臨場感あふれるお話ぶりに、参加者は熱心に聞き入っていました。質疑応答では、国連職員がフィールドに入る際の現地の反応や、国家の刑法と現地の部族慣習法とが食い違う場合の解決策といった、多様な問題に誠実かつ丁寧にご回答いただきました。一見して遠い世界のように思える「国際社会」を身近に感じることができ、大変貴重な機会となりました。