OKAYAMA UNIVERSITY Graduate School of Medicine, Dentistry and Pharmaceutical Sciences

岡山大学大学院医歯薬学総合研究科 病態制御科学専攻 腫瘍制御学講座 免疫学

  • 岡山大学 歯学部
  • (独)理化学研究所

メンバー

(2019年5月現在)

教授 鵜殿 平一郎

略歴

1985 長崎大学医学部卒業
1991 長崎大学院卒業
1991~1993 ニューヨークマウントサイナイ医科大学留学
1994~1997 岡山大学医学部 助手
1998~2004 長崎大学医学部 助教授
2003~2011 (独)理化学研究所 免疫アレルギー総合科学研究センター チームリーダー
2011~ 岡山大学大学院医歯薬学総合研究科 病態制御科学専攻 腫瘍制御学講座 免疫学分野 教授

主論文

  1. Eikawa S, Nishida M, Mizukami S, Yamazaki C, Nakayama E and Udono H. Immune-mediated anti-tumor effect by type 2 diabetes drug, metformin. Proc Natl Acad Sci USA, 112(6): 1809-1814, 2015.
  2. Imai T, Kato Y, Kajiwara C, Mizukami S, Ishige I, Ichiyanagi T, Hikida M, Wang JY, Udono H. HSP90 contributes to cytosolic translocation of extracellular antigen for cross-presentation by dendritic cells. Proc Natl Acad Sci USA, 108(39): 16363-16368, 2011.
  3. Yamano T, Murata S, Shimbara N, Tanaka N, Chiba T, Tanaka K, Yui K and Udono H. Two distinct pathway mediated by PA28 and hsp90 in major histocompatibility complex class I antigen processing. J Exp Med, 196(2): 185-196, 2002.
  4. Murata S, Udono H, Tanahash N, Hamada N, Watanabe K, Adachi K, Yamano T, Yui K, Kobayashi N, Kasahara M, Tanaka K, Chiba T. Immunoproteasome assembly and antigen presentation in mice lacking both PA28a and PA28b. EMBO J, 20(21): 5898-5907, 2001.
  5. Udono H and Srivastava PK. Heat shock protein 70-associated peptides elicit specific cancer immunity. J Exp Med, 178(4): 1391-1396, 1993.

助教 山﨑 千尋

大学院生の時から、樹状細胞のクロスプレゼンテーション機構を主なテーマとしてきました。現在は樹状細胞による抗原の取込み機構について解明するとともに、抗原取込みの効率を上げられるような手段を見つけるべく鋭意研究中です。

略歴

2011 大阪大学大学院医学系研究科修了 (博士(医学))
2011~ 岡山大学大学院医歯薬学総合研究科 病態制御科学専攻 腫瘍制御学講座 免疫学分野 助教

主論文

  1. Yamazaki C, Sugiyama M, Ohta T, Hemmi H, Hamada E, Sasaki I, Fukuda Y, Yano T, Nobuoka M, Hirashima T, Iizuka A, Sato K, Tanaka T, Hoshino K, Kaisho T. Critical roles of a dendritic cell subset expressing a chemokine receptor, XCR1. J Immunol, 190(12): 6071-6082, 2013.
  2. Sasaki I, Hoshino K, Sugiyama T, Yamazaki C, Yano T, Iizuka A, Hemmi H, Tanaka T, Saito M, Sugiyama M, Fukuda Y, Ohta T, Sato K, Ainai A, Suzuki T, Hasegawa H, Toyama-Sorimachi N, Kohara H, Nagasawa T, Kaisho T. Spi-B is critical for plasmacytoid dendritic cell function and development. Blood, 120(24): 4733-4743, 2012.
  3. Yamazaki C, Miyamoto R, Hoshino K, Fukuda Y, Sasaki I, Saito M, Ishiguchi H, Yano T, Sugiyama T, Hemmi H, Tanaka T, Hamada E, Hirashima T, Amakawa R, Fukuhara S, Nomura S, Ito T, Kaisho T. Conservation of a chemokine system, XCR1 and its ligand, XCL1, between human and mice. Biochem Biophys Res Commun, 397(4): 756-761, 2010.
  4. Hoshino K, Sasaki I, Sugiyama T, Yano T, Yamazaki C, Yasui T, Kikutani H, Kaisho T. Critical role of IκB Kinase alpha in TLR7/9-induced type I IFN production by conventional dendritic cells. J Immunol, 184(7): 3341-3345, 2010.
  5. Sugiyama T, Hoshino K, Saito M, Yano T, Sasaki I, Yamazaki C, Akira S, Kaisho T. Immunoadjuvant effects of polyadenylic:polyuridylic acids through TLR3 and TLR7. Int Immunol, 20(1): 1-9, 2008.

助教 工藤 生

 大学院では、細胞老化における細胞周期チェックポイント機構の役割、そして分子シャペロンHSP90とアリル炭化水素受容体(AhR)の働きについて研究してきました。これまで培ってきた分子細胞生物学を基に、免疫機構の解明を進めたいと思います。

略歴

2018 秋田大学大学院理工学研究科修了(博士(理学))
2018~ 岡山大学大学院医歯薬学総合研究科 病態制御科学専攻 腫瘍制御学講座 免疫学分野 助教

主論文

  1. Kudo I, Hosaka M, Haga A, Tsuji N, Nagata Y, Okada H, Fukuda K, Kakizaki Y, Okamoto T, Grave E, Itoh H. The regulation mechanisms of AhR by molecular chaperone complex. J Biochem, 163(3): 223-232, 2018.
  2. Takauji Y, Kudo I, En A, Matsuo R, Hossain MN, Nakabayashi K, Miki K, Fujii M, Ayusawa D. GNG11 (G-protein subunit γ 11) suppresses cell growth with induction of reactive oxygen species and abnormal nuclear morphology in human SUSM-1 cells. Biochem Cell Biol, 95(4): 517-523, 2017.
  3. Togashi S, Takahashi K, Tamura A, Toyota I, Hatakeyama S, Komatsuda A, Kudo I, Sasaki-Kudoh E, Okamoto T, Haga A, Miyamoto A, Grave E, Sugawara T, Shimizu H, Itoh H. High dose of antibiotic colistin induces oligomerization of molecular chaperone HSP90. J Biochem, 162(1): 27-36, 2017.
  4. Kudo I, Nozawa M, Miki K, Takauji Y, En A, Fujii M, Ayusawa D. Dual roles of ERK1/2 in cellular senescence induced by excess thymidine in HeLa cells. Exp Cell Res, 346(2): 216-223, 2016.

技術補佐員

山下 奈穂子

事務補佐員

水内 純子

非常勤研究員

西田 充香子

大学院生(博士)

徳増 美穂(2年)

医学部生

氏家 正皓(2年)
守屋  淳(2年)
滝瀬 悠斗(2年)

特別研究学生

ファウスティン アマラ(フランス)
マリー シンクレア(フランス)

特別聴講学生

ニン ウー イー(ミャンマー)

非常勤講師(2019)

改正 恒康(和歌山県立医科大学 先端医学研究所)
長谷 耕二(慶應義塾大学 薬学部)
堀  昌平(東京大学大学院薬学系研究科 免疫・微生物学)
横須賀 正(東京医科大学 免疫学)
中山 俊憲(千葉大学大学院医学研究院 免疫発生学)
斎藤 あつ子(兵庫医療大学 薬学部 微生物学)
由井 克之(長崎大学大学院医歯薬学総合研究科 免疫学)
角坂 照貴(愛知医科大学医学部 感染・免疫学講座)

客員准教授

安治 敏樹

このページのトップへ
Copyright (C) OKAYAMA UNIVERSITY Graduate School of Medicine,
Dentistry and Pharmaceutical Sciences All Rights Reserved.
連絡先/岡山大学大学院医歯薬学総合研究科 病態制御科学専攻 腫瘍制御学講座 免疫学分野
〒700-8558 岡山県岡山市北区鹿田町2丁目5番1号
TEL:086-235-7192 FAX:086-235-7193 E-mail:
URL:http://www.okayama-u.ac.jp/user/immuno/