Test Page 2016.7

岡山大学大学院 自然科学研究科

生命医用工学専攻 蛋白質医用工学分野 

(工学部・化学生命系学科・二見研究室)

Medical Protein Engineering Laboratory

FUTAMI Group

 

170324

2017.3.24

 

2016.3sotu

2016.3.25

 

2015

2015.3.25

 

 

私たちの研究室はタンパク質工学を特に医用工学分野に活用するための研究開発にチームプレーで取り組んでいます

 

**ホームページ充実化までもうしばらくお時間ください**

 

 

INFORMATION

 

タンパク質が加熱失活する過程を解析する新手法を開発した論文をScientific Reports誌で発表しました(2017.9.29

Evaluation of irreversible protein thermal inactivation caused by breakage of disulphide bonds using methanethiosulphonate

http://www.nature.com/articles/s41598-017-12748-y

プレスリリース:http://www.okayama-u.ac.jp/tp/release/release_id493.html

 

 

112回 岡山県医用工学研究会:セミナー・交流会「抗体応用への生物工学的アプローチ」(2017/10/27)にて講演をさせていただくことになりました(2017.9.25)

演題「腫瘍免疫応答の活性化をモニタリングするMUSCAT-assay」 

http://www.optic.or.jp/medical/event/event_detail/index/213.html

 

 

日本生物工学会誌『続・生物工学基礎講座−バイオよもやま話−』にて「タンパク質を巻き戻すコツと原理」を掲載していただきました(2017.6.25

https://www.sbj.or.jp/wp-content/uploads/file/sbj/9506/9506_yomoyama.pdf

 

 

当研究室の卒業生(愛宕祐基くん)の論文が2016年度のBBB論文賞をいただきました(2017.5.31

http://www.jsbba.or.jp/about/awards/about_awards_bbb_journal.html

 

 

当研究室で独自開発したタンパク質のin-cell folding法の改良に成功した論文をJ.Biosci.Bioeng.誌で発表しました(2017.4

Enhanced in-cell folding of reversibly cationized transcription factor using amphipathic peptide.

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/28110958

 

 

BioJAPAN2016で発表しました(2016.11.1

この抗体検査技術をMUSCAT-Assay(Multiple S-cationized antigen beads array assay)と命名し、実用化研究に取り組んでいます!

http://www.okayama-u.ac.jp/tp/news/news_id6224.html

 

 

岡山大学医学部細胞生物学教室(阪口先生)との共同研究で、ヘテロダイマーのS100A8/A9タンパク質の効率的な生産法を開発し、Biochem.Biophys.Rep.誌に発表しました(2016.7

An efficient method for the preparation of preferentially heterodimerized recombinant S100A8/A9 coexpressed in Escherichia coli

http://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S2405580816300309

 

 

Fuji Sankei Business i. 「よくわかるバイオ」に記事を掲載していただきました

26回「硬い肉をやわらかくする」(2016.5.18

https://www.sbj.or.jp/sbj/sbj_fuji_sankei.html

 

 

最近の研究レビューを発表しました(2016.5

「腫瘍免疫応答の活性化を測定する抗体検査技術の開発」

バイオインダストリー 33(5) 19-242016

http://ousar.lib.okayama-u.ac.jp/files/public/5/54380/20160623153113888678/BioIndustry_33_5_19.pdf

 

 

当研究室の愛宕くんの論文をBiosci. Biotechnol. Biochem.誌で発表しました。マレーシア工科大の原先生との共同研究の成果です

Identification of novel extracellular protein for PCB/biphenyl metabolism in Rhodococcus jostii RHA1.

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/26828632

 

 

プレスリリースを行いましたのでお知らせいたします(2015.10.23

http://www.okayama-u.ac.jp/tp/release/release_id347.html

http://medica.sanyonews.jp/article/4627

 

 

当研究室で開発した変性タンパク質の可溶化技術を活用した新しい抗体検査技術法をBioconjugate Chemistryで発表しました(2015.9.10

Sensitive Multiplexed Quantitative Analysis of Autoantibodies to Cancer Antigens with Chemically S-Cationized Full-Length and Water-Soluble Denatured Proteins.

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/26355635

 

 

最近の研究レビューを発表しました(2015.4

「変性状態のタンパク質を高度に利用するカチオン化技術」

化学と生物 53(4) 245-251 (2015)

https://www.jstage.jst.go.jp/article/kagakutoseibutsu/53/4/53_245/_article/-char/ja/

 

 

当研究室の木下さんの論文をOncol.Rep.誌で発表しました。岡山大学病院で臨床研究が進んでいる遺伝子治療(Ad-REIC)のREICタンパク質の解析結果をまとめました(2015.3.30

The cysteine-rich core domain of REIC/Dkk-3 is critical for its effect on monocyte differentiation and tumor regression.

https://www.spandidos-publications.com/or/33/6/2908

 

 

動物細胞の変性状態の細胞内総タンパク質が示す特別な溶解性を発見し、PLos One誌に発表しました(2014.11.18

Denatured Mammalian Protein Mixtures Exhibit Unusually High Solubility in Nucleic Acid-Free Pure Water

http://journals.plos.org/plosone/article?id=10.1371/journal.pone.0113295

 

 

 

准教授 二見 淳一郎

700-8530 岡山市北区津島中3-1-1

TEL: 086-251-8217

 

論文発表一覧はこちらから

https://okayama.pure.elsevier.com/en/persons/junichiro-futami

 

 

 

「小坂恵先生(現・自然生命科学研究支援センター分析計測分野)ご還暦祝い」

大盛況のパーティーでした!

ご参加いただいた皆様、ありがとうございました!

 

20150711

2015.7.11