企業・研究者の方

ホーム > 企業・研究者の方 > 物品購入等に係る検収体制について

研究連携相談窓口
知的財産
共同研究・受託研究
教育・研究紹介
電子メールによる振込通知サービスについて
学都基金
社会人向けセミナー等のご案内
広告募集
研究協力会
物品等の調達関連情報
工事等の調達関連情報
大学施設の利用
学生への求人依頼
教職員の兼業依頼
研究推進産学官連携機構
研究者・教員情報検索
大学への寄付金・寄付講座

物品購入等に係る検収体制について

 本学では、公的研究費の不正使用防止の一つとして、納入物品等に対する検収の徹底を図るため、平成21年4月より検収センターを整備し、検収体制の強化を行なっています。

 本学における発注業務は、原則、契約担当者(財務部契約課、附属図書館情報管理課、大学院医歯薬学総合研究科等事務部総務課、岡山大学病院経営・管理課、資源植物科学研究所事務部、地球物質科学研究センター事務部、岡山大学病院三朝医療センター事務室)で行なうこととしています。

 但し、教育・研究等の専門性・緊急性を考慮し、10万円未満の備品及び50万円未満の消耗品及び役務については、教職員からの発注(現場発注)を可能としています。

 物品購入等に係る納品・検収体制については、以下を参照して下さい。

【本件お問い合わせ先】財務部契約課 (086-251-7164)