ニュース

ホーム > ニュース > 「特色ある教員養成」最終報告会、「大学と学校・教育委員会の協働の実現」フォーラムを開催

「特色ある教員養成」最終報告会、「大学と学校・教育委員会の協働の実現」フォーラムを開催

 本学は3月2日、文部科学省GP「総合大学が担う特色ある教員養成の質保証」の最終報告会と同省特別経費事業「先進的教員養成プロジェクト」に関するフォーラム「教員の資質向上に寄与する『大学と学校・教育委員会の協働』の実現」を開催しました。
 大学、教育行政、学校など15機関から計約120人が参加。報告会では、同省大学振興課の今井裕一教員養成企画室長のあいさつに続き、教師教育開発センターの教員らが全学教職課程の構築や全学組織である同センターの設置など、GPによる現在までの取組について報告しました。
 フォーラムでは今井氏、岡山県教育委員会の竹井千庫教育長からあいさつをいただいた後、教員研修センターの髙岡信也理事が「教員養成教育改革の動向」と題して基調講演しました。
 パネルディスカッションも行われ、養成教育における教科構成指導に関する各大学の取組や、大学と学校・教育委員会の協働に関する実践について、学校、大学、教育委員会から報告され、活発な議論が行われました。

<写真>フォーラムであいさつする今井氏

【本件問い合わせ先】教育学系事務部 TEL:086-251-7587

(12.03.12)