ニュース

ホーム > ニュース > 受動喫煙防止対策に貢献の学生に感謝状を贈呈

受動喫煙防止対策に貢献の学生に感謝状を贈呈

 本学が平成26年4月から実施する敷地内全面禁煙に向け、大学と連携して受動喫煙防止対策に取り組んだ岡山大学生協学生委員会C.C.C!「健康ProjectTeam」に3月19日、荒木勝社会貢献・国際担当理事が感謝状を贈りました。
 同委員会は学内における健康問題の改善を目指す活動を行っており、受動喫煙防止対策では、平成24年から約2年間、タバコ対策推進キャラクターの募集企画や禁煙広告の作成、大学が実施する世界禁煙デーの周知活動への参加など、学生目線で積極的に取り組みました。感謝状授与式には、同委員会の毛利真大さん(法学部3年)、滝貴大さん(医学部2年)、神野一将さん(工学部2年)、畑裕美子さん(文学部2年)が出席。荒木理事が毛利さんらの活動をねぎらい、「本学が進める受動喫煙防止対策にあって学生の主体的な取り組みには大きな意義がある。今後も協力してもらいたい」と感謝を述べました。
 本学は、今後も学生と協力して学内の受動喫煙防止対策に取り組んでいきます。

【本件問い合わせ先】
安全衛生部保健衛生管理課
TEL:086-251-7286

(14.03.20)


荒木理事(左)から感謝状を受け取る滝さん


健康ProjectTeamの(左から)毛利さん、神野さん、荒木理事、畑さん、滝さん