ニュース

ホーム > ニュース > ダンス授業の教材に 「白桃ダンス」制作

ダンス授業の教材に 「白桃ダンス」制作

 平成24年度からの中学校におけるダンス必修化を受け、学校のダンス授業に役立ててもらおうと、本学スポーツ教育センターと教育学研究科酒向(さこう)治子准教授が共同で岡山特産の白桃をイメージした「白桃ダンス」を考案。教材用のDVD、音楽CDを制作しました。
 振り付けは、酒向准教授と本学出身のプロダンサーの大西唯香さんが考えました。ロック、ヒップホップの2種類があり、本学OBらが作ったオリジナル曲に合わせて踊ります。子どもたちに親しんでもらえるように、白桃をイメージした踊るキャラクター「白桃君(はくとくん)」(愛称・ハクトン)もつくりました。
 ロック調の「白桃ロック」は、振り付けは手拍子、走る、跳ぶなど、シンプルな動作で構成。「全身で弾むこと」を学習できるように工夫しています。ヒップホップ調の「White Peach Rap(ホワイト・ピーチ・ラップ)」は、ペアでの掛け合いがあるなど、仲間とのコミュニケーションを重視したプログラムです。創造性を高めるため、即興で動きをつくるパートもあります。
 DVDでは振り付けとともに、教員用に指導法をまとめた映像を収録しています。CDは練習用にスローバージョンも収めました。DVDとCDを合わせたセットを希望する学校は、下記の問い合わせ先まで申し込みください。
「白桃ロック」はこちらhttps://www.youtube.com/watch?v=TOKK4CeoGDk
「White Peach Rap」はこちらhttps://www.youtube.com/watch?v=ESMYFTQaBg4

(14.04.23)



【本件問い合わせ先】
教育学研究科保健体育講座 酒向治子准教授
TEL:086-251-7667
白桃プロジェクト専用メールアドレス
hakutoudance@gmail.com


白桃ダンスのイメージキャラクター「白桃君」


教材用DVDと音楽CD