ニュース

ホーム > ニュース > 農林水産省「革新的技術創造促進事業」(革新的ウイルス対策技術分野)の公募(補完)研究に採択

農林水産省「革新的技術創造促進事業」(革新的ウイルス対策技術分野)の公募(補完)研究に採択

 本学は9月26日、農林水産省「革新的技術創造促進事業(異分野融合共同研究)」のうち、「理学・工学との連携による革新的ウイルス対策技術の開発」の研究拠点を支援する公募(補完)研究に採択されました。
 農林水産・食品産業は、食を通じて、人の生命や健康の維持に直結している点や人が自然環境に手を加えることにより継続する産業であることから、その研究には医学、工学、理学など様々な異分野との境界領域が数多く存在しています。本事業では、これら異分野領域との融合共同研究を前面に打ち出し、新たな発想のもと革新的な技術創造促進を目指します。
 今回、本学大学院医歯薬学総合研究科(医学系)の大原利章助教が、代表を務める岡山県農林水産総合センター生物科学研究所(鳴坂義弘グループリーダー)のもと、「抵抗性誘導剤による革新的ウイルス防除技術の開発」という研究課題を担当。主に低分子リグニンによる植物用の新規抗ウイルス薬を開発し、さまざまなウイルス感染による農作物被害を防止する新たな技術開発を行います。これが実用化すれば、農作物被害の激減と安定栽培による農業産業の発展や私たちの食生活の安定が予想されます。
 本学は、以前より岡山大学異分野融合先端研究コアなどを運営しており、異分野研究分野で様々な実績を残してきています。本事業でも「革新的ウイルス対策技術分野」の研究拠点を担っています。また、平成25年8月に文部科学省が全国の大学・研究機関から選定した「研究大学強化促進事業」の選定大学(国内19大学)の一つであり、「リサーチ・ユニバーシティ(研究大学):岡山大学」としての高い研究力を有しています。これらの強みを最大限に利活用しつつ、本事業でも社会を革新する研究開発を精力的に推し進めていきます。

革新的技術創造促進事業(異分野融合共同研究)の公募(補完)研究における審査結果について(農林水産省):http://www.s.affrc.go.jp/docs/ibunya/index.htm

【本件問い合わせ先】
大学院医歯薬学総合研究科(医学系)助教 大原利章
TEL:086-235-7143

(14.10.08)



本学代表研究者を務める大原助教