ニュース

ホーム > ニュース > 地域、企業に貢献する学習を 実践型教育国際シンポジウム開催 

地域、企業に貢献する学習を 実践型教育国際シンポジウム開催 

 世界で活躍できる人材の育成を目指す本学は3月19日、国際シンポジウム「グローバル実践型教育プログラムの構築に向けて」をJホール(鹿田キャンパス内)で開催しました。学生に長期就業体験をさせることで、地域、企業へ貢献しているカナダのブリティッシュコロンビア大学の事例を学びながら、人材育成について理解を深めました。
 同大森林学部のサイモン・エリス准教授が、学生が一定期間、企業等で就労する「Co-op(コープ)プログラム」を説明。プログラムは、従来のインターンシップとは異なり、大学の講義を踏まえた実務体験の中で課題発見と解決策に取り組んでいます。また、カナダの林産業約160社と連携しており、エリス教授は「学生にとっては良い刺激になり、企業にとっては優秀な学生を得るチャンスになる」と語りました。
 同大のスデー・ジャハン林産学科Co-opプログラムコーディネーターは、プログラムの具体的な過程や手続きを解説、ロバート・コザック教授(同森林学部)は、カナダの林産業の現状について話しました。本学の荒木勝理事(社会貢献・国際担当)も実践型教育の概要を紹介。大学、県内企業関係者ら約130人が聴講しました。
 その後、環境生命科学研究科の吉川賢教授を司会に、エリス准教授、林産業関係者、地域総合研究センターの三村聡副センター長ら4人が実践型教育について検討するパネルディスカッションも行いました。

【本件問い合わせ先】
地域総合研究センター
TEL:086-251-8855

(15.03.21)


プログラムの概要を説明するエリス准教授


カナダの林産業の現状を話すコザック教授


講演するジャハンコーディネーター


実践型教育について協議したパネルディスカッション