ニュース

ホーム > ニュース > スーパーグローバル大学創成支援(SGU)事業 外部評価委員会を開催

スーパーグローバル大学創成支援(SGU)事業 外部評価委員会を開催

 本学は6月23日、文部科学省の「スーパーグローバル大学創成支援(SGU)」事業支援の対象に選定された本学の教育改革プラン「PRIMEプログラム:世界で活躍できる『実践人』を育成する!」の事業遂行について、今年度の外部評価委員会を開催しました。
 外部評価委員のほか、森田潔学長、関係理事6人、学長補佐3人が出席。前年度の取組実績報告や、意見交換等があり、各委員から取組内容や今後の事業推進にあたっての留意点等の講評がありました。
 本学はいただいた意見等を今後の事業実施に反映させ、ますます発展できるよう、学長のリーダーシップの下、大学一丸となって「大学改革」「国際化」に取り組んでいきます。
 SGU事業は、「大学改革」と「国際化」を断行し、国際通用性、ひいては国際競争力の強化に取り組む大学の教育環境の整備支援を目的に、平成26年度から最大10年間に渡り実施される事業です。

外部評価委員は次の皆様(敬称略、順不同)
キャロライン・ベントン(筑波大学副学長・理事)
小長啓一(一般財団法人産業人材研修センター理事長)
近藤誠一(前文化庁長官)
鈴木典比古(国際教養大学理事長・学長)
竹本和彦(国際連合大学サステイナビリティ高等研究所所長)

 平成27年度岡山大学スーパーグローバル大学等事業外部評価委員会実施報告


【本件問い合わせ先】
大学改革推進室
TEL:086-251-7754

(15.07.01)



SGU事業における今年度の外部評価委員会


意見交換する森田学長ら


近藤外部評価委員長による講評