ニュース

ホーム > ニュース > インターネットラジオ番組開始 留学生が母国語で岡山の魅力を発信

インターネットラジオ番組開始 留学生が母国語で岡山の魅力を発信

 本学は11月9日、留学生が母国語で岡山での生活や研究内容などを紹介するインターネットラジオ番組「Okayama University Presents『World Heartful Message』」を開始しました。番組は、岡山シティエフエム(レディオモモ)と協力して制作。世界中のどこでも同時に視聴可能です。日本語の解説は必要最小限に留め、留学生の母国語のみで進行。本学教員との対談形式で、キャンパスライフや岡山での暮らし、母国へのメッセージを語ります。
 5日、レディオモモで初回の収録があり、本学留学生のR・J・サイツさん(米国アリゾナ州出身)と地域総合研究センターの岩淵泰助教が英語で対談。サイツさんは、日本語の勉強のこと、矢掛町でのホームステイ、本学での生活等について話をしました。
 ラジオ番組は、来年3月まで放送し、さまざまな出身地の留学生が出演予定。放送時間は、毎月第2月曜午前10時40分から15分間です。本学は、今後も大学の魅力や岡山の文化などを世界に向けて積極的に発信していきます。

番組名:Okayama University Presents「World Heartful Message」
期 間:平成27年11月~平成28年3月末
放 送:毎月第2月曜 午前10時40分~55分(日本時間)
    (再放送:毎月第3月曜 午前10時40分~55分(日本時間))
   (海外での放送時間)
    アメリカ西海岸・ロサンゼルス 日曜 午後5時40分~
    アメリカ東海岸・ニューヨーク 日曜 午後8時40分~
    イギリス・ロンドン 月曜 午前1時40分~
    中国・北京 月曜 午前9時40分~

岡山シティエフエム(レディオモモ)

【本件問い合わせ先】
地域総合研究センター
TEL:086-251-8541

(15.11.18)



サイツさん(左)と岩淵助教


収録の様子