ニュース

ホーム > ニュース > MPコースの大内田さんが優勝! アメリカ総領事館主催英語スピーチコンテスト

MPコースの大内田さんが優勝! アメリカ総領事館主催英語スピーチコンテスト

 本学マッチング・プログラム(MP)コース1年の大内田裕美さんが、駐大阪・神戸米国総領事館主催「第4回A O-K Speech Contest(英語スピーチコンテスト)」で優勝しました。コンテストは12月4日、関西外国語大学(大阪府牧方市)で開かれ、本学をはじめとする関西、中国エリアの15大学で選考された各大学の代表学生15人が出場。「How can Japan and the U.S. learn from each other to encourage men and women to work together for women’s empowerment?」をテーマに、英語力やプレゼンテーション力を競いました。
 本学は11月、学内で選考会を実施し、グローバル人材育成特別コースに所属する大内田さんを本学代表に選出しました。コンテストで大内田さんは、女性のエンパワーメントのための男女間の協力を促すため、日本政府の法律の作り方と、アメリカ社会のジェンダーに対する開放的な姿勢を挙げ、両国がお互いに学ぶべきと主張。「男女のみならず、全ての人々の平等を成し遂げる上で最も重要なのは、あらゆる面で男性を女性から分離しないこと。人の習性を変えるのは難しいが、目に見える人の分離行為・意識を小さいものから少しずつ変えていくべき」と流暢な英語で自身の考えを発表し、見事優勝しました。

グローバル人材育成特別コース
 グローバル人材育成特別コースは、岡山大学の全11学部+MPコースの学部生を対象に、一定の英語力を有した学生を集め、副専攻としてグローバル社会に対応できる人材を育てるコース(現在189人がコース履修中)。英語の充実した科目設定ができ、短期留学(2~4週間)と長期留学(2カ月〜1年)がコース修了の必須科目となっている。また、異文化・日本文化理解などの科目も受講できる。

【本件問い合わせ先】
 グローバル人材育成院
 TEL: 086-251-8569

(15.12.09)


優勝した大内田さん(左)とアレン・グリーンバーグ駐大阪・神戸米国総領事


コンテストに出場した代表学生らと審査員