ニュース

ホーム > ニュース > インド感染症専門病院を森田学長と槇野病院長らが訪問 感染制御研究・教育・医療の強化促進を目指す

インド感染症専門病院を森田学長と槇野病院長らが訪問 感染制御研究・教育・医療の強化促進を目指す

 本学の森田潔学長と岡山大学病院長の槇野博史理事(病院担当)らは12月16日、感染症分野の研究、教育、医療など強化・促進を行うため、インド・コルカタ市にある西ベンガル州立感染症病院(Infectious Diseases and B. G. Hospital)を訪問しました。
 同病院は、西ベンガル州周辺をカバーする感染症治療の中核病院です。また、病院敷地内には、インド国立コレラ及び腸管感染症研究所(NICED)や本学のインド拠点である岡山大学インド感染症共同研究センター(CRCOUI)があり、感染制御の研究と教育の拠点でもあります。
 意見交換会では、同病院のウッハル・バドラ病院長がインドの抱える感染症の課題とその対策の道のり、日印国際感染症対策の連携のあり方などについて説明。槇野病院長は岡山大学病院を紹介し、出席者らと感染症制御分野の連携について議論を深めました。
 その後、西ベンガル州立感染症病院の医療現場を視察。治療に当たっている医師、看護師らとインドにおける感染症治療の実状について密なやり取りを行いました。
 本学は平成19年9月、文部科学省の「新興・再興感染症研究拠点形成プログラム」に採択され、インド・西ベンガル州コルカタ市にCRCOUIを設置。NICEDなどと長年にわたる密な国際共同研究体制や、本学執行部や関係機関などとの連携のもと、コレラや赤痢といった下痢症の制圧プロジェクトを精力的に実施しています。また昨年度は、国立研究開発法人日本医療研究開発機構(AMED)の「平成27年度感染症研究国際展開戦略プログラム」に採択されており、さらなるプロジェクト強化・促進を実施しています。
 今後、感染症制御研究・教育・医療において本学とインドの各研究・病院機関などが密に連携し、世界的なイニシアチブを取るとともに、グローバル社会において活躍できる「リサーチ・ユニバーシティ(研究大学):岡山大学」の構築をすすめていきます。
 なお本訪問は、CRCOUIの仲介により実現。CRCOUIの今村大輔准教授、本学病院からは岩崎達雄教授、本学研究担当分野からは佐藤法仁リサーチ・アドミニストレーター(URA)、宇根山絵美URA、大学院医歯薬学総合研究科(薬)の三好伸一教授らも参加しました。
 本意見交換会は、文部科学省「研究大学強化促進事業」の一環として実施されました。

岡山大学インド感染症共同研究センター(CRCOUI):http://wwwcid.ccsv.okayama-u.ac.jp/

【本件お問合わせ先】
岡山大学インド感染症共同研究センター センター長・特任教授 篠田純男
岡山大学リサーチ・アドミニストレーター(URA)執務室
TEL:086-251-8919(URA執務室)

(16.01.07)



バドラ病院長(右から2人目)の説明を聞く本学関係者ら


西ベンガル州立感染症病院で担当医師から説明を受ける森田学長(中央)ら


バドラ病院長(中央右)と本学関係者ら


訪問先の西ベンガル州立感染症病院(コルカタ市)