ニュース

ホーム > ニュース > カメルーン政府が日下部名誉教授に勲章を授与

カメルーン政府が日下部名誉教授に勲章を授与

 本学の日下部実名誉教授(現:富山大学客員教授)に3月16日、カメルーン政府より勲章「Ordre de la Valeur」が授与されました。日下部名誉教授は、カメルーンの火口湖に関する研究、人材育成を実施しており、今回、その活動がカメルーン政府に認められ、勲章の授与が決定しました。
 また、3月14~16日にカメルーンのヤウンデで開催された国際火山学会・火山湖部会では、新しく学会賞が新設され、日下部名誉教授が第1回の受賞者となりました。同賞は、本学名誉教授である日下部実先生の名前を取って「Kusakabe Award」と名付けられました。

Commission of Volcanic Lakes, IAVCEI (国際火山学会・火山湖部会)
開催期間:2016年3月14-16日
開催場所:ヤウンデ(カメルーン)
第1回 『Kusakabe Award』
カメルーンのニオス湖及びマヌーン湖でのCO2ガス災害の研究
日下部 実 岡山大学名誉教授(現:富山大学客員教授)

【本件問い合わせ先】                
岡山大学惑星物質研究所庶務担当
TEL: 0858-43-1215

(16.03.31)


学会賞を受賞した日下部名誉教授(左から3番目)


勲章「Ordre de la Valeur」