ニュース

ホーム > ニュース > 岡山大学病院・総合診療棟西棟竣工記念式典を挙行

岡山大学病院・総合診療棟西棟竣工記念式典を挙行

 岡山大学病院は5月14日、「総合診療棟西棟竣工記念式典」を挙行しました。
 式典では、金澤右病院長が「病院の心臓にあたる施設が完成した」などとあいさつ。来賓である加藤勝信一億総活躍担当大臣、伊原木隆太岡山県知事、山﨑雅男文部科学省大臣官房文教施設企画部技術参事官が祝辞を述べました。
 県内外の医療関係者ら約150人が出席。式典後には、施設見学や祝賀会が開催されました。
 総合診療棟西棟は、2012年度に竣工した総合診療棟東棟のⅡ期工事にあたり、創薬や医療機器の開発に向けた新医療研究開発センター、バイオバンク、治験病床の移転・新設や、災害時にフロア全体が災害対策本部となる機能を整備。また、最新の超高精細CTや検査装置を導入するなど、より高度な臨床研究の実施や最先端の医療の提供が可能な施設となっています。

【本件問い合わせ先】
岡山大学病院 企画・広報課
TEL:086-235-7849

(17.05.23)


式典で謝辞を述べる金澤病院長


新棟の施設を見学する来賓ら


中央診療棟1階フードコートで開催された祝賀会


竣工した総合診療棟西棟