ニュース

ホーム > ニュース > 「高度実践人」ロゴマークを決定 制作者を表彰

「高度実践人」ロゴマークを決定 制作者を表彰

 全学教育・学生支援機構高等教育開発推進室は、「高度実践人」制度のロゴマークを決定し、6月13日に津島キャンパス本部棟で制作者の表彰式を行いました。
 本学では、クリエイティブな思考で積極的な活動を高度に実践する学生の育成を推進しており、平成28年度から、基準を満たした学生を「高度実践人」として認定する制度をスタートさせました。
 このロゴマークは、同制度の意義を広く知ってもらうため、在学生を対象として平成29年3月から4月にかけて公募。11点の応募の中から厳正な選考を行い、経済学部3年生の佐藤美香さんの作品を選びました。
 佐藤さんの作品は、基礎の安定した人物イメージを中心に、左側は鋭い思考力や決断力を、右側は世界へと羽ばたく向上心をイメージしてデザインされており、中央は冷静さ、左側は情熱、右側は若々しさを表した配色となっています。
 表彰式では、佐野寛理事・副学長(教育担当)が佐藤さんに目録を授与し、ロゴマークをあしらったインタビューバックを背景に記念撮影を行いました。佐藤さんは「採用されたと聞き驚きましたが、とてもうれしいです」と話していました。
 このロゴマークは今後、本学が認定する「高度実践人」を企業など社会の方々に広く知っていただくために活用していきます。

※「高度実践人」の詳細については,以下をご覧ください。
//www.okayama-u.ac.jp/up_load_files/press28/press-161216-2.pdf

【本件問い合わせ先】
学務部学務企画課教育支援グループ
TEL:086-251-7203

(17.06.16)


ロゴマーク


目録を授与する佐野理事(左)と佐藤さん


記念撮影をする佐野理事、佐藤さん、松川高等教育開発推進室副室長(左から)