ニュース

ホーム > ニュース > 第1回 科研費獲得キャンペーン キックオフ書き方講習会を開催

第1回 科研費獲得キャンペーン キックオフ書き方講習会を開催

 本学研究推進産学官連携機構は6月19、20、23日、「第1回 科研費獲得キャンペーン キックオフ書き方講習会」を実施しました。
 鹿田会場(19日)では、大学院医歯薬学総合研究科の成瀬恵治教授が、日本学術振興会(JSPS)ホームページやKAKEN科学研究費助成事業データベースを戦略的に利用することの必要性について説明。参加した教職員らはメモを取るなど熱心に聞いていました。また、津島会場では大学院自然科学研究科の野上保之教授(20日)が科研費申請の準備や日々の活動の必要性について、大学院社会文化科学研究科の河原祐馬教授(23日)は審査員が審査する評価項目について説明。いずれの講師も実際に採択された計画調書を使い、分かりやすく解説しました。講習会には過去10年間で最多の161人が参加しました。
 今年度は、9月の日本学術振興会(JSPS)による平成30年度公募発表後に書き方講習会を実施する予定です。研究推進産学官連携機構の森川良孝本部長は「10月の申請までじっくり研究計画調書の推敲に取り組んでほしい」と話しました。

【本件お問い合わせ先】
研究推進産学官連携機構 森川、滝川、村上、羽崎
TEL:086-251-8466

(17.07.05)


鹿田会場の様子


津島会場の様子