ニュース

ホーム > ニュース > セネガルの教育関係者が本学で研修を開始

セネガルの教育関係者が本学で研修を開始

 本学教員の指導の下、セネガルの教育関係者ら10人が、初等教育における基礎算数能力向上や児童の学びの改善に取り組む研修が、6月27日から始まりました。本研修は独立行政法人国際協力機構(JICA)国別研修の「セネガル 初等教育算数能力向上に資する効果的取り組み」として7月14日まで、本学教育学部や市内外の小学校にて行われます。
 開講式が6月27日に挙行され、神崎浩理事・副学長(国際担当)、髙塚成信教育学研究科長、吉成安恵JICA中国国際センター研修業務課長らが出席。神崎理事が「岡山での経験が、セネガルの多くの学校で活用されることを大いに期待しています」とあいさつしました。
 セネガルでは、急速な就学者数の増加に対して、適切な教育サービスの提供が追いついておらず、教育の質の改善が課題となっています。本研修は、初等算数の基礎学力向上について数多くの実践例を持つ日本での講義や演習、学校視察を通して、セネガルにおける児童の学びの改善につながる新たな取り組みの創出を目的としています。
 本学の受け入れは今回で5回目です。

【本件問い合わせ先】
グローバル・パートナーズ事務部
TEL:086-251-7038

(17.07.05)


あいさつする神崎理事


自己紹介をするセネガルの教育関係者


開講式に出席した神崎理事、髙塚研究科長(前列右から3人目、4人目)とセネガル教育関係者ら