ニュース

ホーム > ニュース > 白石名誉教授が平成29年度岡山県文化賞・学術部門を受賞

白石名誉教授が平成29年度岡山県文化賞・学術部門を受賞

 「平成29年度岡山県文化賞」の受賞者が7月4日に発表され、本学の白石友紀名誉教授が選ばれました。同賞は1948年に創設以来、岡山県の文化(芸術および学術)の向上に著しく貢献した個人・団体に授与されるものです。授賞式は7月12日、ルネスホール(岡山市)で開催されます。
 白石名誉教授は 1970 年に本学農学部を卒業後、40 年以上にわたって農作物が病気にかかる仕組みについて研究。カビなどの病原体が植物の免疫(抵抗性反応)を抑えて細胞内に侵入・定着することを明らかにしました。2014年に米国植物病理学会のフェロー賞、2017年には我が国における農学研究の最高栄誉となる日本農学賞を受賞しています。現在も岡山県農林水産総合センター生物科学研究所長として活躍しています。

平成29年度岡山県文化賞:
http://www.pref.okayama.jp/site/presssystem/521686.html


【本件問い合わせ先】
大学院環境生命科学研究科(農) 教授 豊田和弘
TEL: 086-251-8357

(17.07.07)