ニュース

ホーム > ニュース > 女子硬式テニス部が中国四国地区大会で優勝! 2年連続で全国大会へ

女子硬式テニス部が中国四国地区大会で優勝! 2年連続で全国大会へ

 本学女子硬式テニス部が、8月28~30日に愛媛県総合運動公園で行われた「平成29年度全日本大学対抗テニス王座決定試合中国四国地区大会」で優勝し、2年連続で全国大会への切符を手にしました。
 同部は本大会の女子第1部に出場。リーグ戦形式で、松山大学、愛媛大学、広島修道大学と対戦しました。各大学とダブルス2試合、シングルス3試合の計5試合を戦い、すべての大学に勝利し、優勝を決めました。
 全国大会は10月10~15日に有明TP(東京都江東区)で行われます。全国大会に向け、猪川久留美主将(工学部3年)は「選手も応援する部員も全員が楽しむことをモットーにみんなで戦ってきました。去年より一層団結力の高いチームとなっているので、今年こそ全国大会で勝利したいと思います。中四国の代表として自信を持って挑んできます」と意気込みを語りました。

本大会出場選手
・猪川 久留美(工学部3年)
・中山 恵利香(医学部4年)
・河崎 実涼(農学部3年)
・羽坂 瑞紀(経済学部2年)
・濱田 千波(文学部2年)

【本件問い合わせ先】
学務部学生支援課
TEL:086-251-7176

(17.09.07)


優勝後の記念撮影


対戦前の円陣


表彰式の様子