ニュース

ホーム > ニュース > 文学部学生が「若山牧水青春短歌大賞」を受賞

文学部学生が「若山牧水青春短歌大賞」を受賞

 本学文学部3年生の平野真梨子さん、庵奥春菜さんが「第11回若山牧水青春短歌大賞」でそれぞれ大賞、佳作に選ばれました。

 二人は今年度、短歌をテーマとした文学部の講義「言語表現論」を受講。同講義では短歌を創作し、評価しあう「歌会」を行っており、例年、受講者が作った歌を同賞に応募しています。

 平野さんの大賞受賞作は「僕には君が早すぎたんだストレートのアイスティーを飲む君のくちびる」。男性の立場になって大人びた恋を表現。庵奥さんの佳作受賞作は「『怖い怖い』檻の前には泣く子ども猛獣たちはその子が怖い」。動物園で感じたことを歌にしました。

 平野さんは「以前から短歌が好きで、今も勉強しているのでうれしい」、庵奥さんは「思ったよりも高く評価していただけてびっくり」と喜び、二人とも今後も短歌作りを続けたいと話しています。

 同賞は宮崎県延岡市が主催。全国から約2万首の応募がありました。
 詳細については以下URLをご覧ください。
 http://www.city.nobeoka.miyazaki.jp/contents/kyouiku/bunka/bokusui/index.html

写真:平野さん(左)と庵奥さん

【本件問い合わせ先】文学部教務担当 TEL:086-251-7366