ニュース

ホーム > ニュース > 自然科学研究科の高浪研究員が日本組織細胞化学会若手研究者学術奨励賞と論文賞を受賞

自然科学研究科の高浪研究員が日本組織細胞化学会若手研究者学術奨励賞と論文賞を受賞

 本学大学院自然科学研究科の高浪景子・日本学術振興会特別研究員(RPD)が9月23日、「平成29年度(第14回)日本組織細胞科学会若手研究者学術奨励賞」と「平成29年度(第19回)日本組織細胞化学会論文賞」を受賞しました。
 日本組織細胞化学会若手研究者学術奨励賞は、組織細胞化学領域で将来の発展が期待される優秀な若手研究者に授与される賞です。
 高浪研究員は、さまざまな電子顕微鏡に、目的分子を標識する免疫組織化学法を組み合わせる技術を開発し、かゆみを伝達する神経機構の階層的解明を行った点が評価されました。
 日本組織細胞化学会論文賞は、生命科学の振興のため、学会機関誌に掲載された論文のうち、学術上優れた論文3篇以内に授与される賞です。

【本件問い合わせ先】
岡山大学大学院自然科学研究科(理)理学部附属臨海実験所 准教授 坂本 浩隆
TEL: 0869-34-5210

(17.10.12)


若手研究者学術奨励賞を受賞した高浪研究員(中央)


論文賞を受賞した高浪研究員(右から2番目)


受賞講演を終えて


奨励賞で授与された盾