ニュース

ホーム > ニュース > 岡山大学若手トップリサーチャー3氏を表彰

岡山大学若手トップリサーチャー3氏を表彰

 優れた業績を挙げた若手研究者を顕彰する「岡山大学若手トップリサーチャー学長表彰」の表彰式を3月1日に行いました。
 実績・将来性・競争的資金獲得状況を評価基準に、申請のあった12名を学内で審査。自然科学研究科の押谷潤准教授、川崎慎司講師、瀧真清助教の3名を選出しました。押谷准教授は「乾式比重分離技術」の実用化など、川崎講師は高温超伝導など、瀧助教は機能性たんぱく質などの研究が評価されました。
 式では、千葉喬三学長が表彰状を手渡し、「みなさんのような優秀な若手研究者がいるのは本学の誇り」と称え、「よりいっそうの研鑽を」と激励しました。
 同表彰制度は国際的に活躍できる若手研究者の育成を図るため平成19年度に創設しました。

写真:右から川崎講師、瀧助教、千葉学長、押谷准教授

【本件問い合わせ先】研究交流部研究交流企画課 TEL:086-251-7118