ニュース

ホーム > ニュース > 国立六大学連携コンソーシアムが中国・卓越大学連盟と交流懇談会を開催

国立六大学連携コンソーシアムが中国・卓越大学連盟と交流懇談会を開催

 本学などでつくる国立六大学連携コンソーシアムは11月27日、中国・卓越大学連盟(Excellence 9)と交流懇談会を開催しました。本懇談会は同日、京都で行われた「第四回 日中教育交流会」に合わせて実施されました。
 本学からは、グローバル・パートナーズの鈴木孝義副センター長と佐々木幸喜特任講師が出席。懇談会では中国の各大学との交流実績や取り組みなどが紹介され、活発な情報交換を行いました。
 E9は、中華人民共和国工業情報化部と教育部が直轄する985工程の重点大学のうち、理工系を中心とした研究型総合大学9校(ハルビン工業大学、大連理工大学、北京理工大学、天津大学、同済大学、東南大学、重慶大学、西北工業大学、華南理工大学)からなる連盟です。卓越した人材の育成を核として、新たな教育制度やモデルの共同推進、学部生・大学院生の共同育成、国際連携や交流、資源の共有、産学研究や協働などの連携・協力を推進するため、2010年に設立されました。
 国立六大学連携コンソーシアムとE9は、2016年11月28日に国際交流協定を締結しており、今後、国立六大学とE9との学術交流がより盛んになることが期待されます。

【本件問い合わせ先】
グローバル・パートナーズ 国際企画課
TEL:086-251-7038

(17.12.05)


懇談会で岡山大学の紹介をする鈴木副センター長(中央)


日中教育交流会ブース訪問の様子(右から鈴木副センター長、佐々木特任講師)