ニュース

ホーム > ニュース > アイスホッケー部(女子)がインカレで3位入賞

アイスホッケー部(女子)がインカレで3位入賞

 本学アイスホッケー部(女子)は、11月23~26日にヘルスピア倉敷(倉敷市)などで行われた第5回日本学生女子アイスホッケー大会(インカレ)で3位に輝きました。
 同大会には、地区予選を勝ち抜いた全国の16大学が出場。予選リーグを勝ち抜いた日本体育大学、東京女子体育大学、帯広畜産大学と本学の4校が決勝トーナメントに進みました。本学は惜しくも準決勝で日本体育大学に敗れたものの、3位決定戦で帯広畜産大学に1対0で辛勝し、4位だった昨年の成績を上回りました。
 女子キャプテンの西陽子さん(教育学部3年)は、「去年は悔しくも4位となり、今年1年の目標は、3位入賞をして表彰状を持って帰ることだった。目標を達成することができ、チームにとって大きな自信になった。来年はさらに厳しい戦いが待っているが、技術面でも、チームとしてもさらに成長できるよう努力し続けようと思う。たくさんの方々に支えていただいたおかげで大会へ参加でき、心から感謝している」と話していました。
 アイスホッケー部に所属する女子プレイヤーは現在約25人。ほとんどが大学からアイスホッケーを始めた初心者で、週2~3回、岡山国際スケートリンク(岡山市北区)で氷上練習を行うほか、筋トレなどの陸上トレーニングで実力をつけています。

【本件問い合わせ先】
学務部学生支援課
TEL:086-251-7176

(17.12.14)



表彰式後の集合写真


試合の様子


試合の際の円陣


氷上で歓喜の声を上げる部員たち