ニュース

ホーム > ニュース > 第8回男女共同参画に関する管理職セミナー「阪大型男女協働推進への取り組み」を開催

第8回男女共同参画に関する管理職セミナー「阪大型男女協働推進への取り組み」を開催

 本学男女共同参画室は11月21日、管理職を対象としたセミナーを創立五十周年記念館で開催しました。
 セミナーでは、大阪大学理事・副学長(男女協働推進、社学連携、広報担当)であり、男女協働推進センター長の工藤眞由美氏が「阪大型男女協働推進への取り組み」と題して講演しました。工藤氏は大阪大学で教鞭を執る傍ら、学内の男女協働推進活動にも長らく携わっており、男女共同参画の改善に尽力してきました。今回の講演では、こうした経験をもとに、民間企業を含む他機関との連携を柱として、女性研究者の持続的育成と活躍推進事業を精力的に実施している大阪大学の取り組みについて具体的な事例を交えながら説明。平成28年4月に公表した男女協働推進アクションプランのもとに民間企業と密接に連携しながら進めていることや、学修・研究・就業と家庭生活の両立支援の強化、女子学生・女性上位職拡大の加速化、ダイバーシティ環境の実現に向けた構成員の意識改革など、さまざまな取り組みを紹介しました。
 中でも、女性研究者の育成、登用のための「クロスアポイントメント」、「インターンシップ」の有効性やダイバーシティ&インクルージョンの重要性、事業推進における組織トップのリーダーシップの重要性などについて強調し、参加した約70人の管理職員らは熱心に聴講していました。
 本学は今後も、男女共同参画に対する意識を高め、個々の能力が生かせる組織づくりを進めていきます。

【本件問い合わせ先】
岡山大学ダイバーシティ推進本部男女共同参画室
TEL: 086-251-7011

(17.12.21)


講演する工藤 大阪大学 理事・副学長


熱心に講演を聴講する関係者