ニュース

ホーム > ニュース > 駐大阪・神戸米国総領事館 かれん・ケリー総領事が来学

駐大阪・神戸米国総領事館 かれん・ケリー総領事が来学

 駐大阪・神戸米国総領事館のかれん・ケリー総領事らが4月9日、2017年8月の就任以来初めて本学を訪れ、槇野博史学長を表敬訪問しました。
 ケリー総領事と槇野学長は、アメリカと本学の交流状況や、今後の交流の可能性について意見を交換。槇野学長は、本学のSDGsの達成に貢献する取り組みを紹介し、「国際社会で活躍する実践力を持つグローバル人材の育成を推進している」と述べました。ケリー総領事は、岡山県で行われる同総領事館共催のアメリカ留学フェアについて紹介しました。
 表敬の後、大学生と英語で交流する「総領事カフェ」を創立五十周年記念館で開催。ケリー総領事らは本学学生と、総領事の仕事や国際交流の促進についてディスカッションしました。ケリー総領事は「異なる文化の人たちが交流するには共感することが必要で、そのために積極的にコミュニケーションをとることが重要だ」と述べ、本学学生に向け「これからの将来を担うのは学生の皆さん。自分のかなえたいことを実現させるためにまい進してください」とエールを送りました。

【本件問い合わせ先】
グローバル・パートナーズ国際企画課
TEL:086-251-7038

(18.04.19)



記念撮影をするケリー総領事(右から4人目)と槇野学長(中央)ら


意見交換の様子


学生との交流の様子