ニュース

ホーム > ニュース > 「健康フェスタin Okayama」を開催

「健康フェスタin Okayama」を開催

 本学は、5月3日、4日の2日間、岡山コンベンションセンターで「健康フェスタin Okayama」(本学・山陽新聞社など共催)を初めて開催しました。
 本フェスタは、本学医学部創立150周年記念プロジェクトならびに持続可能な開発目標(SDGs)支援プロジェクトとして、あらゆる年齢の全ての人々の健康的な生活を確保し、福祉を促進することを目的としています。
 本学の教授陣らによる2つの特別講演、18の公開講座、健康・医療情報に関する展示・体験ブースが用意され、2日間で延べ約4,000人が健康についての知識を深めました。
 公開講座では、ロコモティブシンドローム、生活習慣病、認知症といった身近な病気の治療や予防法を解説し、来場者はメモや写真をとりながら熱心に聴いていました。
 展示・体験ブースには、本学の取り組みを紹介する「SDGs推進ブース」や「岡山大学病院 看護部ブース」、企業協賛ブースなどを設置。屋外には、筋肉の緊張や骨格のゆがみなどをチェックできる姿勢評価装置(高密度3DCG)を登載した大型トラックも配備され、多くの来場者が体験や相談に訪れました。
 本フェスタは、来年以降も開催予定です。次回も皆さまのご来場を心よりお待ちしております。

【本件問い合わせ先】
大学院医歯薬学総合研究科等事務部
TEL:086-235-7957

(18.05.09)




岡山大学は、国連の「持続可能な開発目標(SDGs)」を支援しています。


関係者によるテープカット


特別講演の様子


岡山大学病院 看護部ブース


企業協賛ブース