国立大学法人 岡山大学

LANGUAGE
ENGLISHCHINESE
MENU

ミャンマー・ヤンゴン経済大学と大学間協定を締結

2019年07月02日

 本学とヤンゴン経済大学(ミャンマー)は6月27日、大学間協定の調印式を津島キャンパス本部棟にて行いました。
 ヤンゴン経済大学からはティンウィン(Tin Win)学長、ニーラミントゥ(Ni Lar Myint Htoo)副学長、ダビエニョー(Tha Pye Nyo)国際担当理事が参加。本学からは槇野博史学長をはじめ、木村邦生副学長(教育担当)、釣雅雄社会文化科学研究科長、張星源経済学部長、滕鑑社会文化科学研究科教授、村田芳行環境生命科学研究科教授・日本留学海外拠点連携推進事業(東南アジア)統括マネージャー、稲森岳央グローバル人材育成院准教授、鳥越麻美留学コーディネーターらが出席しました。協定書締結後、ティンウィン学長と槇野学長は固い握手を交わし、協定締結の記念の品を交換しました。
 その後一行は、日本留学増加をテーマとした意見交換会に参加。これは、本学が文部科学省より受託している日本留学海外拠点連携推進事業の一環で実施したものです。ティンウィン学長は、日本語講座設置に際した同大学の取り組みを紹介したほか、日本の大学で博士号を取得した自身の経験を踏まえた提案をするなど、活発な意見交換の場となりました。
 ヤンゴン経済大学は経済学、経営学、会計学の分野においてミャンマーで中心的な役割を果たしており、優秀な学生を集めています。本学とヤンゴン経済大学は継続的な協力関係を築いており、日本留学に関するプレゼンテーションを行うミニ留学フェアを定期的に現地で開催しているほか、本学の人文・社会科学系を中心に学部生の海外研修を行うなどの交流を行っています。現在も、経済学部がヤンゴン経済大学での学生交流を含む海外研修ECBOプロジェクトを行っていたり、法学部の学生1人がヤンゴン経済大学に長期留学するなどしています。今回の協定締結により、本学とヤンゴン経済大学の交流拡大のみならず、日本とミャンマーにおける友好関係の強化につながることが期待されます。

日本留学海外拠点連携推進事業
本学が2014年9月から取り組んできた留学コーディネーター配置事業(ミャンマー)が、2018年4月から対象がASEAN全域に拡大されたものです。

【本件問い合わせ先】
国際部国際企画課
TEL:086-251-7038

年度