プレスリリース

ホーム > プレスリリース > 定例記者発表(2月)開催

定例記者発表(2月)開催

 本学は2月19日、教育・研究・医療の成果や社会貢献の取り組みなどをお知らせする定例記者発表を行いました。
 今回の発表・お知らせ事項は下記のとおりです。

【発表事項】 
1.主要赤痢菌6種混合標品が経口赤痢ワクチンの候補に有力
  廉価なワクチン開発にむけ、インド国での臨床研究を計画
2.暗号強度を自在に変えられる暗号計算処理チップを開発
3.植物の木部分化を促進する生理活性物質ザイレミンを開発
4.竹久夢二についての国際シンポジウムを開催

【資料提供】
1.X線を用いた燃焼現象の新しい非接触測定手法の開発に成功
  −高効率を目指した革新的エンジン技術の進展に期待−
2.平成28年度 公開講座受講者募集
  「育てて食べようおいしい夏野菜-家庭菜園のツボ2016-」
3.CAMPUS Asia Student Forum - 2015 Autumn Semester -を開催
4.岡山大学耐災安全・安心センター主催 公開講座
  原子力防災の現状と安全・安心を考える
5.【低炭素社会と食の安全・安心を統合した環境生命学的研究】研究発表会

詳しい記者発表の資料については以下をご覧ください。
//www.okayama-u.ac.jp/tp/profile/press_info_27.html



【本件問い合わせ先】
広報・情報戦略室
(電話)086-251-7292