プレスリリース

ホーム > プレスリリース > 食育の知識のない男子大学生はむし歯増加のリスクが高い 3年の追跡調査で確認

食育の知識のない男子大学生はむし歯増加のリスクが高い 3年の追跡調査で確認

 岡山大学大学院医歯薬学総合研究科(歯)予防歯科学分野の森田学教授、同大保健管理センターの岩﨑良章准教授らの共同研究グループは、食育の知識のない男子大学生はむし歯が増加しやすいことを縦断研究1)において、世界で初めて突き止めました。本研究成果は2月25日、アメリカの科学雑誌『Nutrients』電子版に掲載されました。
 現在、わが国では義務教育にて食育を授業として取り入れています。今回、男子大学生において食育の知識とむし歯の関係が明らかになったことから、食育の知識は早期に習得することで、むし歯の予防につながることが期待されます。


<詳しい研究内容について>
食育の知識のない男子大学生はむし歯増加のリスクが高い 3年の追跡調査で確認

<論文情報>
発表論文:Association between Knowledge about Comprehensive Food Education and Increase in Dental Caries in Japanese University Students: A Prospective Cohort Study. 著  者:Kunitomo M, Ekuni D, Mizutani S, Tomofuji T, Irie K, Azuma T, Yamane M, Kataoka K, Taniguchi-Tabata A, Mizuno H, Miyai H, Iwasaki Y, Morita M. 掲 載 誌:Nutrients. (doi:10.3390/nu8030114)
発表論文はこちらからご確認いただけます


<お問い合わせ>
岡山大学大学院医歯薬学総合研究科(歯)
予防歯科学分野
教授 森田 学
(電話番号)086-235-6712
(FAX番号)086-235-6714
(URL)http://www.cc.okayama-u.ac.jp/~preventive_dentistry/top.html