プレスリリース

ホーム > プレスリリース > 豪雨などによる堤防決壊をシミュレーション予測する手法を開発

豪雨などによる堤防決壊をシミュレーション予測する手法を開発

 岡山大学大学院環境生命科学研究科(環)の珠玖隆行准教授、西村伸一教授、柴田俊文准教授と京都大学農学研究科の藤澤和謙准教授の研究グループは、豪雨などにより河川水位が上昇し、堤防に越流(えつりゅう)が生じた際に、河川堤防が侵食され破堤に至るプロセスを精度良くシミュレートできる方法を開発しました。本研究成果は2016年2月、国内の論文集『IDRE Journal』に掲載されました。
 本研究を応用することで、河川の水が堤防を乗り越えて溢れ出た後、どの程度の時間でどの程度の範囲に洪水の被害が及ぶかを予測できるだけでなく、“豪雨に強い堤防”設計のための重要な知見を与えることが期待されます。

<詳しい研究内容について>
豪雨などによる堤防決壊をシミュレーション予測する手法を開発

<論文情報等>論文名:Numerical Simulation of Embankment Failure due to Overflow by Moving Particle Semi-implicit Method
「粒子法を用いた堤防の越流破堤の数値シミュレーション」
掲載誌:IDRE Journal DOI: http://doi.org/10.11408/jsidre.84.I_31著 者:Takayuki SHUKU, Kazunori FUJISAWA, Shin-ichi NISHIMURA and Toshifumi SHIBATA

岡山大学大学院環境生命科学研究科
准教授 珠玖 隆行
TEL: 086-251-8161
FAX: 086-251-8881