プレスリリース

ホーム > プレスリリース > イヌの歯の再生に成功 大型動物モデルにおける構造・機能的に完全な歯の再生成功によりヒトにおける完全な歯の再生治療の実現可能性を証明

イヌの歯の再生に成功 大型動物モデルにおける構造・機能的に完全な歯の再生成功によりヒトにおける完全な歯の再生治療の実現可能性を証明

 岡山大学大学院医歯薬学総合研究科インプラント再生補綴学分野の窪木拓男教授、大島正充助教、同研究科分子医化学分野の大野充昭助教、理化学研究所多細胞システム形成研究センターの辻孝チームリーダーらの研究グループは、器官・臓器の種となる器官原基を再生する細胞操作技術(器官原基法)を用いて、大型動物モデル(ビーグル犬)における構造的・機能的に完全な歯の再生を実証しました。
 本研究成果は3月16日(英国時間午前10時、日本時間午後7時)、国際的な科学雑誌『Scientific Reports』に公開されます。本研究成果は、将来の歯の再生治療の実現可能性を証明するためのトランスレーショナル研究として位置づけられるものであり、分泌腺や毛髪などの多臓器にも応用可能な器官再生医療の発展につながるものとして期待されます。
<本研究成果のポイント>●歯の喪失治療は、歯の生理機能を有していない人工的な代替治療が主流で、生物学的な歯の再生が望まれていた。これまで、研究グループはマウスにおける歯胚、歯周組織の器官としての再生技術「器官原基法」を開発。ヒトへの応用には、大型動物モデルでの再現が必要だった●今回、器官原器法を用いて、イヌの歯胚細胞においても再生歯胚の作製に成功。再生歯胚を顎骨に移植し、構造的・機能的に完全な再生歯を作ることにも成功した●再生歯はエナメル質や象牙質の構造、歯の移動が天然歯と同等のものができた●大型動物モデルでの実用的な歯の再生治療を実証した

<発表論文情報>
タイトル: Practical whole-tooth restoration utilizing autologous bioengineered tooth germ transplantation in a postnatal canine model.
著  者:Mitsuaki ONO*, Masamitsu OSHIMA*, Miho OGAWA, Wataru SONOYAMA, Emilio Satoshi HARA, Yasutaka OIDA, Shigehiko SHINKAWA, Ryu NAKAJIMA, Atsushi MINE, Satoru HAYANO, Satoshi FUKUMOTO, Shohei KASUGAI, Akira YAMAGUCHI, Takashi TSUJI and Takuo KUBOKI†
掲 載 誌:Scientific Reports
D O I:10.1038/srep44522 (2017)
(発表論文はこちら)



<詳しい研究内容について>
イヌの歯の再生に成功 大型動物モデルにおける構造・機能的に完全な歯の再生成功によりヒトにおける完全な歯の再生治療の実現可能性を証明

医歯薬学総合研究科 インプラント再生補綴学分野
教授 窪木拓男
助教 大島正充
(電話番号)086-235-6682
(FAX番号)086-235-6684