プレスリリース

ホーム > プレスリリース > 光ではたらく硫酸イオン輸送体「SyHR」を発見 これまでに例のない機能を持つことが判明

光ではたらく硫酸イオン輸送体「SyHR」を発見 これまでに例のない機能を持つことが判明

 岡山大学薬学部6年の仁保亜紀子学部生、同大学院医歯薬学総合研究科(薬)の須藤雄気教授、栗原眞理恵大学院生、東京大学大気海洋研究所の吉澤晋准教授、大阪大学大学院理学研究科の水谷泰久教授、理化学研究所の田原太平主任研究員らの研究グループは、光ではたらく硫酸イオン輸送体「SyHR」を発見。イオン結合部位およびイオン輸送メカニズムを明らかにしました。本研究成果は3月29日、米国化学会誌『Journal of the American Chemical Society』に掲載されました。
 本研究成果により、「光による硫酸イオンの輸送」という膜タンパク質の全く新しい機能が見出されました。これにより生物の光利用の多様性が明らかになりました。今後は、生体内に広く分布する硫酸イオンの濃度を光によって制御し、未解明の生体内における硫酸イオンの役割の解明や、環境中での硫酸イオン濃度の測定技術の開発につながることが期待されます。

<論文情報>
論文名:Demonstration of a light-driven SO42- transporter and its spectroscopic characteristics掲載誌:Journal of the American Chemical Society 2017, 139, 4376-4389.著 者:Niho A, Yoshizawa S, Tsukamoto T, Kurihara M, Tahara S, Nakajima Y, Mizuno M, Kuramochi H, Tahara T, Mizutani Y, & *Sudo YDOI:10.1021/jacs.6b12139
<詳しい研究内容について>
光ではたらく硫酸イオン輸送体「SyHR」を発見 これまでに例のない機能を持つことが判明


<お問い合わせ>
 岡山大学大学院医歯薬学総合研究科(薬)
教授 須藤 雄気(すどう ゆうき)
TEL:086-251-7945